治療終了後長く健康を保てるように定期検診を行います。3-4ヶ月に一度を目安として、必要なケアを行っていきます。
花美坂歯科医院では、一般的に歯石除去だけでなく可能な限りの歯面の清掃を同時に行います。

小児の定期検診の一環で『フッ素塗布』と『シーラント』を行っています。

『フッ素塗布』

フッ素の効果は大きく3つ

歯を強くする
虫歯菌が酸を作るのを抑制する
溶けた歯質の修復を助ける(再石灰化)

デメリットもあり、過剰摂取で中毒を引き起こす場合もあります。吐き気、嘔吐などの不調が現れたら、過剰摂取の危険があります。ただし、通常歯科医院で扱うフッ素の量で、中毒を引き起こすことはありません。また、虫歯予防効果のあるフッ素塗布ですが、虫歯にならないということではありません。

『シーラント』

 

シーラントとは小窩裂溝填塞(しょうかれっこうてんそく)と呼ばれる、生え始めの乳歯や幼少期の永久歯にある溝をフッ素の配合されたプラスチック材料で覆い、虫歯から歯を守る方法です。

シーラントは歯の溝に対応する処置です。それ以外の場所に処置を行うことができません。
またシーラントはいずれ磨耗したり、外れたりしていきますので、定期的な検診が必要になります。
また、必ず虫歯を防いでくれるというものでもありません。